美白美容液ランキング2016

2016年美白美容液ランキング・シミシワ取りのおすすめは

これから暑くなります。天気予報ではこの夏は猛暑という予想が出ています。
そんな中で日焼けによるシミシワなどを作らないための美白商品をご紹介します。

 

すでにできてしまったシミシワにも有効です。

 

美白クリームの1番の懸念点である「部分的な白い色抜け」の心配なし

 

本格的な美白を目指したいなら、やはり質の高い本物を使用しましょう。

 

2016年最新の効果の高い美白・シミシワ取り商品をランキングで紹介します。

 

一概にシミしわと言ってもそれぞれ治療の仕方が違いますので、良く理解して間違った治療をしますと返って悪い変化をしてしまうケースがありますので注意が必要です。

 

かなりの方が間違えた治療をしていて治るはずのしみやそばかすを悪くしている事も多い様です。
そのような事を繰り返しては皮膚の炎症をさらに悪くしている方は、今回のサイトを基準にして頂ければ良いと思っています。

 

美白美容液ランキングに関して詳細を書いて行きますので、良く見てご自分にあるものを選んでください。

美白、シミシワ取りランキング2016

ルミキシル
ルミキシル

新たに開発された美白成分の「ルミキシルペプチド」を贅沢に配合した美白スキンケア商品
美白成分として名高い「ハイドロキノン」よりも17倍も高い「美白効果」
ルミキシルの美白効果がハイドロキノンよりも17倍も高い理由は、その浸透力
ルミキシルはメラニンの生成を「均一」に抑えることで、美白クリームの1番の懸念点である「部分的な白い色抜け」の心配なし
肌に塗った際におきえる「ピリピリ感」が無い
有効成分のルミキシルペプチドは、天然アミノ酸で構成されたタンパク質で、「チロシナーゼ」とよばれるシミの原因となる「メラニン」の生成を阻害することで、シミ、クスミ、肝斑などを改善
効能効果:シミ、くすみ、肝斑、色素沈着、にきび跡の改善

ハイドロキノンクリーム 1箱(合計30g)
ハイドロキノンクリーム 1箱(合計30g)

「ハイドロキノン」は、シミの原因であるメラニン色素の合成酵素阻害剤
メラニンを生成するチロシナーゼの働きを強力に抑制し、同時に既にある褐色化したメラニンを白色化する「還元作用」(美白作用)を持つ即効性のある医薬品
ハイドロキノンの効果はコウジ酸やα型アルブチンの数10倍〜100倍といわれています。
トレチノインと併用することで皮膚の漂白効果がより高まります。
シワ取りニキビ治療のトレチノインジェル0.1%、美白のハイドロキノンクリームとトレチノAの両成分が配合されたコスメライトクリームも人気です。
効果効能:皮膚の浅い部分(基底層から表皮)にメラニン色素が異常増殖・色素沈着している肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着、日光黒子(老人性色素斑)などのシミに使われます。

コスメライトクリーム
コスメライトクリーム

「コスメライトクリーム」は、アメリカでしわ取りクリームとして絶大な支持を得ているメラケアクリームのジェネリック医薬品
美白、シミ、くすみなどに効果がある「ハイドロキノンクリーム」と、しわに効果があるといわれるレチンAクリームの成分で知られる「トレチノイン」を配合した美白クリームです。
トレチノインで代謝を高め、美白効果の高いハイドロキノン が、しみ等の原因となるメラニン色素の生成を抑制し、再びシミを構成しない仕組みをつくっていきます。
トレチノイン は、ビタミンAの誘導体表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持ち、表皮の細胞を活発化させ、表皮の角質の剥離を起こすことでメラニン色素を外に排出していき、皮脂腺の働きを抑える皮脂分泌の抑制作用と、コラーゲンやヒアルロン酸の分泌を高める作用があり、長期的に皮膚の張りや小じわを改善させていきます
効能効果:尋常性ざ瘡、しわの改善、皮膚の浅い部分(基底層から表皮)にメラニン色素が異常増殖・色素沈着している肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着、日光黒子(老人性色素斑)などのシミに使われます

トラネキサム酸500(100錠)

トラネキサム酸500(100錠)

トラネキサム酸250(500錠)は、現在では「美白成分」としてたいへん注目を浴びています
第一三共製薬がこのトラネキサム酸が主成分の美白商品(トランシーノ)を開発し、肝斑やシミの除去に有効な内服薬として販売しています。
トラネキサム酸が効果を発揮するシミの種類。
・肝斑
・老人性色素斑(加齢が原因のシミ)
・炎症後色素沈着(ニキビ跡などがシミになること)
トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制する効果もあり、シミの「予防」にも効果が期待できます。同時に、皮膚の赤み、かぶれ等を改善する効果もあるため、にきび跡が「シミ」になることも予防する効果があります。
効能効果:シミ、肝斑の除去、予防

トレチノインジェル0.1% 1箱(20g)

トレチノインジェル0.1% 1箱(20g)

トレチノインは、シワ対策やニキビ治療に用いられるトレチノイン配合薬「レチンA」のジェネリックです。
レチンAは、皮膚科にてニキビ跡の治療目的に使用されていましたが、肌へのピーリング効果に着目され、シミ・シワなどの改善用途に使用されるようになりました。
洗顔料を使って丁寧に洗顔を行った後、しっかりと乾かしレチーノAクリーム(トレチノイン)を肌の薄い場所(目、口の周囲)を避けて塗布して下さい。
洗顔後、夜就寝前に塗り翌朝、洗い流してください。肌が薄い目の周りや口の周りは避けてください。

それぞれの美白・シミシワ取り商品のポイント

ルミキシルクリーム30ml

・「ルミキシルクリーム」は、米国のスタンダード大学の皮膚研究者が開発した、画期的な美白成分「ルミキシルペプチド」配合の大人気美白スキンケア商品
・ルミキシルはシミ、くすみ、肝斑、にきび跡などの原因「メラニン」を均一に抑えるため、肌の一部が白く色抜けする心配のない、画期的な美白クリーム

 

ハイドロキノンクリーム

・「ハイドロキノンクリーム」は、日本でも高級美白化粧品に含まれる「ハイドロキノン4%」が配合されている美白クリーム
・皮膚のシミ、そばかす、クスミ、肝斑等ができないようにするだけでなく、できてしまったものも除去する効果があります。
・ハイドロキノン成分がシミ、クスミ、肝斑などの原因「メラニン」を消失させたり、メラニンの生成をおさえることで、シミ、クスミなどを除去し、できにくくします。

 

コスメライトクリーム

・「コスメライトクリーム」は、美白クリームとシワ取りクリームが贅沢に混合された美容クリームで、美容クリニックでもよく用いられます。
・美白成分の「ハイドロキノン」とシワ取り、ニキビ除去の「トレチノイン」が配合されています。
・美白成分とシワ取り成分の両方が配合された、リンスインシャンプーのような美容クリームです。

 

トラネキサム酸500mg

・「トランシーノ」で一躍有名になった「シミ・肝斑除去」成分のトラネキサム酸。
・シミ、肝斑の除去以外にも、メラニンの生成をおさえるので「ニキビ跡」がしみにかわることを予防してくれます。
・トラネキサム酸は特に肝斑や加齢が原因のシミを改善したい方に愛用される美白成分です。トラネキサム酸がトランシーノよりも贅沢に配合された商品です。

 

トレチノインジェル0.1%

・「トレチノインジェル0.1%」は肌の角栓をはがして皮脂の分泌を抑制することで、ニキビの治療を行います
・皮膚のターンオーバー効果(古い角質がはがれて新しい肌になる過程)の作用があるため、シミ、シワ取りのクリームとしても使用されます。
・特に近年では「トレチノイン」はシワ、シミ除去の改善薬としてよく使用されます。

 

各種美白美容液等に関する詳細はこちらを参照してください。。

美白美容液の選び方

美白美容液には大きく分けて2種類の物があります。

 

美白の邪魔をする大きな原因物質でみなさんご存じのメラニン色素に対する効果でよって分ける事ができます。

 

メラニン色素が出来る事を阻害する

 

これはこれ以上黒ずみを増やさないようにする働きのある美容液です。
早期にメラニン色素を薄くしたい方でしたらアルブチン、ルシノール、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸などを含んだ美容液を使用しますと効果があります。

 

出来てしまったメラニン色素を漂白する

 

ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどを含んだ美容液を選ぶ必要があります。
更に保湿効果も同時に欲しい方はプラセンタなどがおすすめになります。

 

ハイドロキノンはお肌の漂白剤などとも呼ばれており、肌の深い部分まで浸透しますのでご自分の肌に合ったものを使用する必要があります。
強い物を長い間使用しますとかえって肌がやけどしたようになりひどい状態にしてしまいます。

 

まとめ
美白美容液にはいろんなj種類がありますが、ご自分のお肌の状態をよく見て合ったものを選びませんと、かぶれなど起きてひどい状態になってしまう場合があります。
手などで少し試した後、問題が無い様でしたら顔にも使ってみるなど十分にテストをした後で本格的に使用するようにしましょう。

 

実際の美白美容液等を詳しく見てみましょう!あなたに合った美白商品が見つかります。